FC2ブログ
Shot Bar ichi mu an 一夢庵
お客様への新入荷のお酒やお店のご案内
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イサギレ・エクストラドライ
2007年04月04日 (水) 03:06 | 編集



スペイン産のヴェルモットです。

通常のヴェルモットではドライと言っても砂糖が添加されているのが普通ですが、このイサギレは全く甘味を加えていません。ワインの自然な甘味の中にしっかりとした骨太な薬草の香りが漂います。

ストレートやロックでやるのも良いですが、これを使ってのドライマティーニもお勧めです。通常のichi mu anのマティーニもかなりドライに仕上げますがイサギレを使うと一種独特な雰囲気になります。タンカレーとその上級版であるNO,10とを合わせて深みを出し、イサギレの重厚な香りと融合させたカクテルはスッキリとしていながら存分な薬草の香りをも楽しめる物になります。

アルコール由来のほのかな甘味と長く続く余韻には・・軽いけれども味のある葉巻、例えばホヨー・ド・モントレー辺りと合わせてみるとさらに引き立ちます。

重厚な食事の後には少々物足りないかもしれませんが、和食に日本酒、焼酎を飲まれた後の締めの一杯そして一本として思い出していただけたら幸いです。
スポンサーサイト
酒精強化ワインたち
2007年02月23日 (金) 04:41 | 編集
20070223041030.jpg


今までもいくつか酒精強化ワインをご紹介してきました。
ポートワインやシェリーなんかがその代表であるのですが、シェリー一つ取ってみても実に様々な味わいがあります。『フィノ』と呼ばれる極辛口のものから、辛口ながらも熟成感を楽しめる『アモンティリャード』、それに甘さが加わる『オロロソ』、中間と表現するような『パロ・コルタド』、極甘口の『ペドロヒメネス』。
これらをブレンドして作られる『クリーム』、『ミディアムドライ』等を加えたらそれこそキリが無いくらい。
とはいえあまり知られていないのが実情のようで、こんなに楽しいお酒がたくさんあるのですから少しづつ集めてみようかと思い至ったわけです。

今回はシェリーを中心にいくつか入れてみました。食前でも食後でも様々なシチュエーションに対応できるすばらしいお酒たちです。
何かの機会に思い出して頂けたら幸いです。
キンタ・ド・サンタ・エフューミア
2006年05月20日 (土) 20:15 | 編集
20060520201513


五月の新入荷その四、五
ポートワインを2種類ご用意しました。

キンタ・ド・サンタ・エフューミア
Fine White & 25年

ポートワイン=赤
と思われる方も多いとは思いますがちゃんと白もあるんです。
実際は酸化熟成により若干の色は付いているのですが、通常想像されるポートワインの真っ赤な色からは程遠い色です。
今回は若いFine Whiteと25年ものの2種類をご用意。

Fine Whiteは白ブドウらしくすっきりした甘みが特徴。
ストレートはもちろんレモンを絞ってトニックウォーターで割って気軽に飲むのもおすすめ。
25年はぜひストレートで。
Fine Whiteには無い熟成による奥行きを楽しんで頂きたいです。

飲み比べてみると熟成の意味を感じることが出来ると思います。
Powered by . / Template by なんでもサイトランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。