FC2ブログ
Shot Bar ichi mu an 一夢庵
お客様への新入荷のお酒やお店のご案内
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キンタ・ド・サンタ・エフューミア
2006年05月20日 (土) 20:15 | 編集
20060520201513


五月の新入荷その四、五
ポートワインを2種類ご用意しました。

キンタ・ド・サンタ・エフューミア
Fine White & 25年

ポートワイン=赤
と思われる方も多いとは思いますがちゃんと白もあるんです。
実際は酸化熟成により若干の色は付いているのですが、通常想像されるポートワインの真っ赤な色からは程遠い色です。
今回は若いFine Whiteと25年ものの2種類をご用意。

Fine Whiteは白ブドウらしくすっきりした甘みが特徴。
ストレートはもちろんレモンを絞ってトニックウォーターで割って気軽に飲むのもおすすめ。
25年はぜひストレートで。
Fine Whiteには無い熟成による奥行きを楽しんで頂きたいです。

飲み比べてみると熟成の意味を感じることが出来ると思います。
スポンサーサイト
フランシス・ダローズ 1980/2001
2006年05月20日 (土) 07:09 | 編集
20060519194801.jpg


五月の新入荷その参

アルマニャックブランデー
 フランシス・ダローズ 1980/2001

料理人としてスタートしたフランシス・ダローズがアルマニャックの古酒に魅せられて小規模生産者の古酒を吟味して購入、得意先に売り始めたのが1974年。
以来有名レストランが大切な顧客に勧めている傑作を作り続けています。


ここのところコニャックよりもアルマニャックに興味がいっています。
今回仕入れたのは21年熟成の物でアルコールは少し強めの46.5%になっています。この46.5%というのがポイントで、21年寝かせた柔らかい甘みの中にアルマニャックらしいキックの強さを演出しています。


Sir WALT'S オリジナル・ロンドンリキュール
2006年05月19日 (金) 19:43 | 編集
Sir.Walts.jpg


五月の新入荷その弐

「Sir WALT'S オリジナル・ロンドンリキュール」

冒険家でありハーブやスパイスに造詣の深かったウォルターラリー卿はロンドン塔に幽閉されていた時に庭で育てた様々なハーブ・スパイスを使ってリキュールを作っていました。
その特別なレシピで作られたリキュールは「リキュール・オブ・ロンドン」と呼ばれ治癒力があるお酒として扱われていました。

彼の死後、失われていたと思われていたレシピが見つかりヘイマン蒸留所のマスターブレンダーが28種のハーブ・スパイスを使い再現したのがこのSir WALT'Sです。


余計な手を加えずにストレートかロックで飲むのがおすすめ。
ミント系の香りに舌の上に残るピリッとした感覚をお楽しみください。

辛めの葉巻に合わせてもおもしろいです。
Fleur de Thym
2006年05月19日 (金) 19:17 | 編集
フルール・ド・ティム


五月の新規入荷その壱

タイムのお酒「フルール・ド・ティム」

免疫系を強化する効能のあるタイム。
その精油は興奮、殺菌、うつ病、風邪、筋肉痛、呼吸器疾患などに使用されます。
神経の強壮薬としても使われます。

このお酒はフランスのプロヴァンス地方に咲くタイムのお花を丁寧に手で摘み取って作られたものです。

少々甘みが強いのでレモンを絞って少量のソーダで割ってあげるとタイムの香りとさわやかな甘みが心地よい1杯になります。
これから雨の日が多くなってくる季節、こんなお酒で一日を締めくくってみるのもよいのではないでしょうか?


葉巻 熟成へ
2006年05月09日 (火) 21:30 | 編集
20060509213043
先日ご報告しました葉巻達をいくつか熟成へまわしました。

写真でおわかり頂けますでしょうか?
ジップロックを二重にしてしっかり密封してあります。
これをワインセラーに入れて半年から一年ほど寝かせておきます。

実際に開封してみるまでどのように変化するかわからないのも楽しみのひとつ。

開封しましたらまたご案内いたします。

Powered by . / Template by なんでもサイトランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。